×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

彼女の危機

昨日の夜、ちょっと、訳あって警察に行った。
(ほんとに、大したことない訳だけど)

私は、ただついていっただけなので、座って待っていた。

結構長引くなぁなんて思っていたら、受付の方から女の人2人の声が聞こえてきた。

別に盗み聞きする気なんてまったくないけど(ちょっとは有り)自然と声が聞こえてくるので自然と聞いていた。


相談者A
「彼女が、すごく困っているんです。
 一刻も早く、相談したほうがいいと思って
 来たんです。」

相談者Bはどうやらモジモジしている様子。

(私の後ろの方にいるので姿は見えないけど、なんとなくそんな様子。)

おまわり
「なに?言ってみて。」

相談者A
「実は・・・。
 彼女(相談者B)の元カレが、
 彼女のわいせつな写真をネットなどで
 流しているんです!!」


私 「ワオ!マジでー!?」(心の叫び)

どうしよう!顔、見たい!!見なきゃ、損!

そして、私は覚悟を決めて振り返った。

すると、100キロはゆうに越えてるであろうそれはそれは、立派に育った2人のレディー。
よっぽど、急いで駆け込んだらしく、2人とも肩で息をしている。

ある意味、かわいい。


おまわり
「今、専門家がいないからわかんないや。
 また、明日来て。」

相談者A,B
「は、はい。はぁはぁ。(←疲れ)」


ったく!日本の警察って、こんなもん!?
相談者B子の人生、ぶち壊す気?
相談者A子の張り切り、空回りじゃないか!

去っていく2人の広い広い背中を見て「おつかれー」と、思った。
そして「明日の君たちに幸あれ。」と、願わずにはいられなかった。

窓の外を見ると、2人が帰っていくところが見えた。

あ!!タクシーひろった!!

「おい!歩けよ!お願いだから、歩いてよ・・・。」

少しでも多くのカロリー消費しちゃいなよ!!

怒りにも似た、くやしい感情。
冷たい風が窓から吹き込んだ。

父さん、北海道の冬は近いようで・・・。
僕は・・・、僕は・・・。
これは、恋とは呼べないようで。


           おしまい。

戻る